注文住宅のいろは―失敗しないポイントから予算計画まで―

注文住宅による建築は家族の一大プロジェクトです

先人たちの知恵から満足できる家づくりを目指しましょう。

ごあいさつ

注文住宅による家づくりは、一生に何度も体験できない希望と不安がいっぱいの一大事業です。失敗しないためには家族でよく話し合い、情報をたくさん入手し、信頼できるパートナーを見つけることが重要です。住宅を注文する前に必ず押さえておくべき重要な部分を見ていきましょう。

景気がよくなると住宅需要も高まりますが、その時々の金利や税制の変更によって影響を受けやすいことも事実です。平成26年4月1日には、消費税が5%から8%へ、さらに平成27年10月1日から10%へと2段階で引き上げられる予定ですので、今年は新規住宅着工件数が、9月には前年比20%近い数字になりました。これは、9月末日までに請負契約がなされれば、引渡しが平成26年4月以降でも、消費税5%が適用されるためです。なお、現在の消費税5%の内訳は、消費税率4%、地方消費税率1%となっており、8%になると、消費税率6.3%、地方消費税率1.7%になります。また、消費税は、「最終的には消費者が負担し、事業者が納付する税金」です。消費者に消費税の負担について誤認されないようにするために、「消費税は転嫁しません」等の宣伝や広告は禁止されます。さらに、今般の消費税率の引上げは、幅広く国民階層に社会保障の安定財源の確保のための負担を求めることにより、社会保障の充実・安定化と財形健全化の同時達成を目指すものです。

今、注文住宅を計画する人は、欲しい情報を簡単に入手することができますが、注文住宅のトレンドは目まぐるしく変わっていきます。例えば、阪神淡路大震災直後は耐震性、その後は断熱性能やシックハウスに対する健康志向や自然素材による家づくりが注目されました。接着剤も自然素材を原料に開発したものを使用し、身体に害を与えないいわゆる無添加の住宅が人気を集めています。住宅政策も量から質への転換が提唱され、住宅市場を取り巻く時代背景も大きく変化しています。


 
 
 
 

家族の羅針盤をつくろう

家を新築した時点から、そこに暮らす家族や、子供の成長などとともに家のあり方は変わっていきます。自分たちのライフサイクルに予測した住まいの変化の目安を示すライフウォッチ(家族の羅針盤)を作ってみましょう。ライフスタイルが多様化し、それぞれの個性や価値観が重視される時代です。だからこそ自分の生活にマッチした家でなければと思う人が多くなっています。最近のこだわりの傾向を分析すると、①ライフスタイル重視型(どんな様式の家に住みたいかを重視する)、②必須条件充足型(敷地や環境問題・健康や子育ての条件を充足する)、③美観・デザインこだわり型(外観デザイン・素材・設備・装飾など個性にこだわる)、④限定予算優先型(資金不足のためローコストを最優先する)の4つのタイプに分類できます。


「Gaikouどこたのも?」で相見積もり
エクステリア、新築外構工事、お庭のリフォームなどをお考えの方のためのポータルサイト。
専門業者を比較して、最大5社まで相見積り商談できます。
「Gaikouどこたのも?」 http://docotanomo.jp/

Copyright(c) 2014 注文住宅のいろは―失敗しないポイントから予算計画まで― All Rights Reserved.